その他諸々

その他諸々

【なぜ気づけなかったのか?】日本M&Aセンターの会計不正から判る監査の限界

東証1部上場企業でもあるM&A仲介最大手の日本M&Aセンターが過去数年間にわたり会計不正を行っていたということが、調査委員会による調査報告書から明らかになりました。 今回はこの事案について、調査報告書を基に概要を解説した上で、なぜ本件が監査人による会計監査の過程で発見されたなかったのかについて、現役の会計士である筆者の視点から考察していきます。
その他諸々

【あのヒトデさんもオススメ】MOFTノートPCスタンドをレビュー!

もともとは超人気ブロガーのヒトデさんの著書『凡人くんの人生革命』で紹介されていたのを目にして購入したのですが、これはもう買って大正解。ぜひ皆さんにも紹介したいということで、少なくとも1日10時間はPCの前に座っている筆者が、購入して3カ月程使用した感想をまとめていきます。
その他諸々

【M&Aにおける重要性急上昇中】知っておくべき『ESGDD』の基礎

『ESGDD』というのは、これらのDDと同様に、買収の対象となる企業のESGへの取り組み状況を調査することを指し、これにより買収する側の企業は、ESGの観点から本当に投資を行うべきか否かの判断を下すことが可能になるわけです。
その他諸々

【粉飾の可能性も?】エデュラボの意見不表明について監査経験者が考察

今回のエデュラボの件で『意見不表明』と判断されたというのは、監査人が特定の領域に対して監査手続を実施できず、また、その領域が財務諸表全体に与える影響が重要であることから、財務諸表が適正であるか否かについて監査人として意見を表明できないということを意味します。
その他諸々

【社会人は知っておくべき】高利益率経営を支える経営者のモノの見方とは?

本書の主な内容としては、「北の達人コーポレーション」において実際に導入されている超効率的経営の手法が細かく説明されているのですが、筆者の感覚としては、オーソドックスな管理会計の手法が大分部を占めており、既に管理会計を理解している方にとってはあまり目新しい話はないという印象を受けました。一方で、木下氏の考え方自体については、「なるほどな」と感じる部分もあり、今回は筆者が考えさせられた点について解説をしていきます。
その他諸々

【監査報酬増額か?】電子帳簿保存制度見直しへの監査人の対応について

一方で、会計監査を行う監査法人や会計事務所からすると、これまでチェックを行っていた資料の形式や、被監査会社の資料の管理方法が変わることへの対応を求められており、場合により『監査報酬の増額』に繋がるケースが増えるのではないかと筆者は考えています。
その他諸々

ぜひ日本版を子供たちに。アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

ご覧頂くと分かるように、第3章の就職から始まり、働き始めてから付き合いの多くなる銀行や保険、働くうえで避けることが出来ない税金、資産形成をする上で重要な貯蓄や投資、マイホームを購入する際に必要となるローン(借金)、最後には老後資産についても触れられており、まさに『ゆりかごから墓場まで』とは言えずも、『学校から墓場まで』を網羅した内容となっているのです。
その他諸々

森岡氏は『消費者視点』でどうやってUSJをV字回復させたのか?

先にも触れた通り、著者の森岡氏はマーケティング業界の超名門として知られるP&G出身で、その後経営危機にあったUSJをマーケティングの手法を用いてTDLを上回るまでにV字回復させた英雄として知られているお方。 どうやら、森岡氏は『消費者視点』というたった1つの考え方をUSJに浸透させることで、見事にV字回復を果たしたというのですから、その詳細は非常に気になるところ。 本書では、USJの実例をふんだんに交えながら、マーケティングの本質や、マーケターになるための手ほどきをしてくださっています。
その他諸々

【レビュー】GAFAも狙う次の市場とは!?【ボイステック革命】

今更ですが、皆さんは『歩きスマホ』という言葉、聞いたことがありますよね? スマホの画面を見ながら街中を歩くことを指しますが、よくニュースで話題になるのが、その危険性です。 歩きスマホ中に、赤信号に気づかずに横断歩道を渡ろうとして車にひかれてしまう。 危ないと分かっていても街中でよく目にするのは、それだけスマホの画面に目を、時間を奪われているというわけですが、そんな歩きスマホを撃退する一つの可能性が本書には書かれていました。
その他諸々

【レビュー】あなたはアフリカで今、何が起きているのか知っていますか?【超加速経済 アフリカ】

地球上、最後の潜在的市場として近年非常に注目が集まっている『アフリカ』。 皆さんもなんとなく、『これからはアフリカの時代が来る!』という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。 ただ、筆者のように、具体的に今アフリカで何が起きているのかはあまり詳しくない、そんな方に是非オススメなのがコチラの本。
タイトルとURLをコピーしました