資格

収入を上げる

【転職や昇進だけじゃない!】誰もが学ぶべき簿記のメリット5選

筆者は転職を考えている方には簿記の取得をオススメしているのですが、今回は転職や昇進だけじゃない、簿記を学ぶことのメリット5選についてまとめてみました。 新しいことにチャレンジしたいという方はぜひ、参考にしてみてください。
収入を上げる

【まとめ】簿記3級試験範囲と各記事との関連【簿記3級解説#24】

もともとは簿記という資格がコスパが最強という話から始まり、筆者も簿記の専門家として少しでも初学者のチカラになれればという経緯で始めた簿記3級解説。 前回の解説で簿記3級の試験範囲を一通りカバーできましたので、今回は日本商工会議所が公表している試験範囲と各解説記事との関連をまとめていますので、ご覧頂く方にはぜひ目次としてご利用頂ければと思います。
収入を上げる

『清算表』ではなく『精算表』 – 決算【簿記3級解説#22】

企業は決算時に、まず期中に積み上げられた仕訳を集計する作業を行います。 この集計作業により、各勘定科目毎の決算整理仕訳を反映させる前の数値の集計表が出来上がるわけですが、この表のことを『決算整理前残高試算表』、もしくは残高試算表を意味する英語であるTiral Balanceの頭文字をとって、『前T/B』と呼びます。 ちなみに『T/B』は『ティービー』と読みます。
収入を上げる

『租税公課』という異質なネーミング – 税金【簿記3級解説#21】

個人と同様に企業も、様々な税金を支払っていますが、その代表格といえるのが、企業の儲けに対して課される税金である『法人税』です。また、法人税の他にも、企業は事業所が在する自治体に対して『住民税』を、事業を行うことに対する『事業税』を支払うことも求められており、『法人税』『住民税』『事業税』をまとめて『法人税等』と会計の世界では呼ばれています。
収入を上げる

消耗品費か固定資産か – その他の収益・費用【簿記3級解説#20】

一般に『消耗品費』に区分されるのは「少額もしくは1年未満の使用を想定する」資産となりますが、ここでいう「少額」というのは企業の規模により相違するものの、「10万円未満もしくは30万円未満」とされています。
収入を上げる

監査泣かせの仮勘定 – その他の資産・負債【簿記3級解説#19】

『仮払金』の例としてよく挙げられるのが、従業員が出張する際に軍資金としていくらかのお金を渡す場合に、実際に何にいくらのお金を使うのかは将来までわからないものの、お金は出ていったという事実を表すために、一時的な措置として『仮払金』という資産項目の勘定が用いられます。 『詳細がわからない』という意味で、『仮』という言葉が使われるわけです。
収入を上げる

最近では希少種かも – 手形・電子記録債権【簿記3級解説#18】

冒頭で説明した通り、『手形』というのは「一定の期間後にお金に変えることが出来る引換券」のようなものと説明しましたが、多くの場合、手形は取引の対価として用いられます。すなわち、商品を購入した側は売り手に代金を渡す代わりに手形を渡すことで、売り手は一定の期間後に銀行に持ち込むことでお金に変えることが出来るのです。
収入を上げる

純資産とは『資産と負債の差額』 – 純資産【簿記3級解説#17】

これまでの解説で、簿記で使う勘定科目は5つの区分に分けられ、資産・負債・純資産は貸借対照表(BS)、収益・費用は損益計算書(PL)に使われるということは覚えているかと思いますが、純資産は『資産と負債の差額』として表現されます。
収入を上げる

返品のキーワードは逆仕訳 – 商品売買➂【簿記3級解説#16】

今回のポイントは以下の通りです。 ・商品仕入の付随費用は『仕入』に含める ・売上・仕入の返品は逆仕訳を切る ・クレジットカード決済は手数料を差し引いて売掛金を計上する
収入を上げる

FIFOとは先入先出法のこと – 商品売買②【簿記3級解説#15】

今回は前回に引き続き『商品売買』について取り上げていきます。 前回の解説において、期中の仕訳の基本的なパターンと、決算時における売上原価の算出方法の大枠を説明しましたが、今回は売上原価の算出において必要となる『期首商品棚卸高』と『期末商品棚卸高』の金額の算出方法を取り扱います。
タイトルとURLをコピーしました